一棟丸ごと不動産投資をするには|オーナーに必要な知識

模型

家賃回収に便利なサービス

電卓

家賃を確実に回収できる

家賃保証は、賃貸の契約を行う際に必要な連帯保証人を借主(入居者)が用意できない場合などに、その連帯保証人を代行する有料サービスのことです。最近ではそのサービスを取り入れている物件も増えており、さまざまな保証会社が存在しています。その背景としては、まず核家族化などによって親族に連帯保証人を頼みにくい状況になっていることが挙げられます。そして、高齢のため連帯保証人を見つけられないことや、失業や非正規雇用の増加などによって家賃滞納が増えたことなども大きな要因となっています。そのため、貸主(大家さん)にとっては、不安定な社会状況の中で家賃を確実に回収できるというメリットがあり、家賃保証サービスの導入が増えているという現状につながっています。

保証会社選びの注意点

家賃保証サービスで注意すべき点としては、まず、保証会社が倒産することも有り得るということが挙げられます。保証会社とだけ契約をした場合は、本来の連帯保証人がいないため、家賃の滞納等があった場合はそれを回収することは難しくなります。それに、借主側には、もともと連帯保証人を立てられない事情があるため、新たに連帯保証人を立ててもらうこともほぼ不可能だと言えるでしょう。ですので保証会社を選ぶ際は慎重に行う必要があります。また、現時点では家賃保証サービスを規制する法律がないため、自主規制のルールを策定した団体がいくつか存在しており、適正化行われている状況にあります。しかしそれらの団体に所属しない会社も多いため、団体に所属しているかどうかも会社選びのポイントになると言えるでしょう。