一棟丸ごと不動産投資をするには|オーナーに必要な知識

模型

上手に利用しましょう

PCを操作する女性

賃貸管理とは、賃貸不動産全般における業務を指し主に、入居者への対応や募集計画などを行うマネジメント業務、建物の設備や管理を行うビルメンテナンス業務に分かれます。マネジメント業務には賃貸借契約に必要な書類の作成や、入居者からのクレーム対応といったものがあり、個人で全て行う場合はある程度の知識が必要を求められます。特に賃貸人募集業務や退去時の精算、家賃滞納者への対応は知識と経験ないとトラブルになりがちです。不動産に関する法令や民法の知識も時には必要になることがあるため、個人での対応が不安な場合は賃貸管理会社と契約することがおすすめです。管理会社にある程度任せることで、手間のかかる作業から解放されるというメリットがあります。

賃貸管理会社は入居者の募集からクレーム対応、退去後のリフォームまで行ってくれるため大家に不動産の知識がそれほどなくてもスムーズに運営を行うことができます。賃貸管理会社を選ぶ時は料金やサービスの種類によって選びがちですが、後のトラブルを防ぐためにも実績があり信頼できる会社を選ぶようにしましょう。特に不動産経営を行う上で欠かすことのできない家賃収入を得るためにも、入居者募集能力の高い会社を選ぶことが大切となってきます。また、連絡がこまめにつくことも選ぶ際のポイントとなります。契約内容も入居者管理などの一部の業務を依頼する部分管理と、不動産におけるすべての管理業務を管理会社に依頼する一括管理とあるため、どちらが自分に向いているか考えて判断するようにしましょう。